東京都知事選について

たった10年ではありますが、都民でした。なので、少しは興味があります。どうなるんでしょうか?

普段は政治とは距離を置いているのですが、湯﨑県知事の出馬の際には高校の後輩から、「広島県の底力を考える会」発起人に浄土真宗の代表として名を連ねてください、と要請がありました。恐れ多いのですが、湯﨑知事はアカシア会(広大附属高校の同窓会)75回、私は73回、少し先輩になります。紙屋町の選挙事務所に足繁く通ったことも懐かしい思い出です。今渦中の議員さんが対抗馬でしたね。当選後、うちの寺に挨拶に来られた時、福屋の前での演説会の時にいらっしゃいましたね、と話されました。政治家とはやはりこういう些細なところでも目を配っているんだなぁと感心しました。

その時の事務局長が修道高校38回の大方幸一郎副委員長(広島青年会議所で私が理事・委員長を務めた際に副委員長として活躍してくれました)。その節は色々大変だったと思いますけど、お疲れ様でした。彼は今も後援会の事務局長を務めて下さっています。私も時には呼ばれますが、大して役にはたってません。

そう言えば、昨日東京・神谷町で弁護士事務所を開いている修道高校37回の弟、飯田善が帰ってきました。いろいろと仕事をしてもらいます。

KOUENJI,Hiroshima,Japan