春季永代経法要御礼

20160526-tomishima

 5月25日、26日と光圓寺の春季永代経法要を勤めさせて頂きました。
 あいにくの天気とオバマ大統領来広の影響で、お参りが少なかったらどうしようと思っておりましたが、二日間とも予備のイスを出すほどのお参りをいただき、本当に有り難いことです。今回はご夫婦、二世代でのお参りを多くいただいたこともうれしい限りです。
お参りの人数が多ければ良いというものではありませんが、やはり気になるところです。
 今回のご講師は、向原 長圓寺の前住職、冨島昭圓師。私たち住職夫婦のご縁をいただきました冨島昭海師の息子さん(といっても私より父に近い世代の先生です)に初めてのご法縁をいただきました。先に述べましたように、長圓寺さんにご縁のある御門徒さんが多くいらっしゃるのは知っていたのですが、ヨガに来てくださる御門徒さんがご友人を連れてきてくださったり、初めてお越しくださる方も多くいらっしゃって、総代長さんもうれしそうにされていたのには、「ヨッシャー」と小さくガッツポーズをしたくなりました。
 ご法話はオーソドックスなスタイルですが、総代長さんも真宗学寮で聞いている様な感覚がした。自然にお念仏が出てくるようなご法話だったと喜ばれました。
 理屈よりも自然、そんなことを実感した二日間でした。カープは珍しくジャイアンツに3連勝!交流戦も無事乗り切ってもらえれば!!!

KOUENJI,Hiroshima,Japan