藤 秀璻師 三十三回忌法要

5月12日はお隣、徳應寺さんの藤秀璻法師の三十三回忌でした。私が、大学入学のため上京した日、昭和58年4月2日に99歳で御往生されました。
広島文理大等で教えられ、多くの方に影響を与えられた仏教学者でもあります。私が生まれたときには既に80歳。記憶がほとんどないのですが、95歳の時の著書を書庫から見つけ読んでみると、こんなお歳まで常例法座で二時間も法話されていたのだ、ということを知り驚きました。お寺さんでのご法事はとても緊張するのですが、一層身の引き締まる思いでした。先代ご住職の里は、姫路の善教寺。今のご住職は、結城思聞師。私たちの世代には、プロ野球ニュースの松倉悦郎アナウンサーと言った方が良く分かると思います。そんなこんなで、緊張しっぱなしの一日でした。

KOUENJI,Hiroshima,Japan